メインイメージ画像

転職の限界年齢は35歳と言われています

勤め先を辞めて転職の事を検討している人は、気になるポイントは年齢に関してだと思います。通常高齢だと転職決定が難しいと言われていますが、必ずしもそうではありません。サイトで自分の条件を打ってチェックすると自分の年代に近い仕事が出てきます。また、転職支援会社に頼むと多数の案件がある可能性もあるため、そんなところに登録して転職活動を進める事も良い方法だと思います。自分の年齢がネックなら、出来るだけ様々な方法で腰を入れて転職活動を進めましょう。



少し前の転職市場ででよく耳にした35歳転職限界説。35歳を境に転職するのが難しくなる、というような話なのですがそれは35歳を過ぎると限界のじゃなく35歳以上には求められる資質が仕事内容の他にも統率能力や後輩の指導など幅広いものになるからです。この35歳限界説も市場の変化に合わせて違ってきていてこの頃はその年代の転職者の数も増加しその年代の転職が活発だといえますが、即戦力が求められているということに変わりはなく、年齢ではなく転職先でどんな働き方ができるのかのアピールが必要になると言えます。

数々のライバルに勝ち転職の面接にパスするには、会社の基本知識は必ず頭に入れておきましょう。

転職の面接には同じ職種に興味のある、同スキルの人がたくさんいます。その為そのような面接者の中から選んでもらうには、やはり他人に一目置いてもらわないといけません。会社の基礎知識は当然、他人は調べない内容も知っておけば、面接官に特別なアピールをすることが出来ます。面接者のやる気が伝わる事で、合格につながるといってよいでしょう。

更新情報